統合生物考古学 セミナー

文部科学省 科学研究費助成事業 学術変革領域研究(A)
日本列島域における先史人類史の統合生物考古学的研究ー令和の考古学改新ー

セミナーの趣旨

概要

学術変革(A)統合生物考古学(リンク)では、考古学を基軸として、人骨・動植物などの資料を統合して研究を行う領域、integrative bioarchaeology、統合生物考古学の創成を掲げています。2023年度から5年間のプロジェクトで開始し、考古学、年代測定、同位体分析、ゲノム分析などの幅広い研究者が研究を進めております。

セミナー

本領域では、研究方法(理論や、実際の計算、ウェットの実験など手技に関わる部分)について、本領域研究に関わる研究者が講師となり、大学研究者や埋蔵文化財担当者などを主な対象とした講義を行います。

過去のセミナー

2024年度

開催前

2025年度

開催前

お知らせ

2023年10月24日(火)

第1回 統合生物考古学 セミナー の参加募集は、定員の20名を大幅に超えたため、締め切りました。沢山の申し込みをありがとうございました。

2023年10月18日(水)

第1回 統合生物考古学 セミナー の参加募集を開始しました(内容の詳細はこちら)。
申し込み先リンク
2023年12月9日(土)、10日(日)に、東京大学本郷キャンパス理学部2号館第二講義室で行います。申込締切は11月17日(金)です。定員20名を超えた場合はこちらで抽選させていただきます。定員を大幅に超える場合は、早めに締め切りますのでご了承ください。また、対面で実施しますので、出張旅費の支援を希望の方は希望欄を選択してください。オンラインの予定はありません。